プロシスタ、無料オンラインゲームサービス「タダカジ ベータ版」をリリース

プロシスタ、無料オンラインゲームサービス「タダカジ ベータ版」をリリース

 プロシスタ株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:早島 貴之、以下 プロシスタ)は、2009年8月27日より、無料オンラインゲームサービス「タダカジ」をスタートするとともに、第一弾ゲームコンテンツとして、最も人気の高いポーカーゲーム『テキサス・ホールデム(Texas Hold\’em)』の提供を開始したと発表。 「タダカジ」では、主にテーブルゲーム、カードゲームなどのゲームコンテンツを提供するというもの。第一弾の『テキサス・ホールデム』は、インターネットで繋がった他のユーザー同士が対戦するコミュニティカードポーカーと呼ばれるゲームで、いつでも参加できる一般ゲーム(Ring Game)や開始日時が決まっているトーナメントなど、幅広い種類の対戦モードがあり、初めての方から上級者まで楽しめるサービスとなっている。 ゲームの無料サービスに加え、ポーカー特有の用語集、プレイのコツなどのコンテンツを用意することにより、誰でも楽しむことができる環境となっているとのこと。また、『テキサス・ホールデム』でオンライン対戦できるゲームコンテンツは日本ではまだ少ないとのことで、まずはポーカーやカジノゲームに馴染みの少ない20~30代をターゲットに展開し、会員登録数の増加を目指すとのことだ。 今後の予定としてプロシスタでは、2009年10月以降、「10種類前後の無料ゲーム追加」、「新ポイントシステムの導入」、「アバターシステムとの連携」のバージョンアップを予定しているとしている。 さらにプロシスタは、「タダカジ」をはじめ、その他の自社サービス(SNS、CMSなど)との連携を図り、ゲームだけに留まらない幅広いニーズに応える総合エンターテイメントサービスを目指すとしており、初年度は、会員数1万人を目標とするとした。 また、プロシスタは本サービスを通じて国内外へのゲームコンテンツの販売を行う一方、広告やタイアップ企画などを当初の主な収益として計画しているとしている。タダカジhttp://www.freecasino.jp/プロシスタ株式会社http://www.prosysta.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.