シー・エス・イー、最新バージョン『SECUREMATRIX(R) Version 3.3.0』を出荷開始

 株式会社シー・エス・イー(本社:東京都渋谷区、代表取締役会長:小島 燁、以下 CSE)は、本人認証・ワンタイムパスワード製品『SECUREMATRIX』(セキュアマトリクス)の新バージョン Version 3.3.0の出荷を開始すると発表。 現在、厳格なコンプライアンスが求められ内部統制ニーズが高まっているという背景がある。これにより、機密情報流出時の原因究明などにおいて、ログの必要性が増している。今回リリースする新バージョンでは、ログ機能を大幅に強化する事により、企業において求められる内部統制に関する要件への対応をサポートするというもので、機密情報が万が一に流出した場合など、迅速に原因を特定できる可能性を秘めている。 また、Flashに対応することによりJRE(Java Runtime Environment)との親和性問題が解消され、操作性や進化していく携帯端末への対応も改善されているとのことだ。 発表に関しCSEは、「『SECUREMATRIX』は、今回リリースの Version 3.3.0における機能強化以降も、さまざまな製品と統合し、高いセキュリティと使いやすい環境を利用者に提供していきます。」、とした。SECUREMATRIXhttp://www.cseltd.co.jp/smx/株式会社シー・エス・イーhttp://www.cseltd.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.