RSS広告社とエキサイト、ボルボに対しリッチバナー技術を提供

RSS広告社とエキサイト、ボルボに対しリッチバナー技術を提供

 株式会社RSS広告社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:田中 弦、以下 RSS広告社)と、エキサイト株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:野田 俊介、以下エキサイト)は、ボルボ・カーズ・ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:リチャード・スナイダース)に対し、ボルボ初のコンパクト・プレミアム・クロスオーバー「新型ボルボXC60」のプロモーションにて、最新コンテンツをバナー広告枠内に表示・更新させる技術「FeeMoバナー」を活用することを決定し、2009年8月27日(木)より導入すると発表した。 今回発表した「FeeMoバナー」を活用することにより、新型車種のユーザーレビューやボルボの持つコンテンツ、プロモーションの最新情報など、「今サイト内で起こっていること」を集約してバナー広告内に自在に配信することが可能となる。 今回の企画内容では、「XC60で実現したいこと」をユーザーに投稿してもらい、その投稿された文字列をバナー広告内に随時書き込んでいくというもの。これにより、訪問したユーザーに対し、ユーザー自身が投稿したコンテンツを表示させることで、バナー広告をより親しみやすくさせ、目立たせることが可能となっているとのことだ。 また、ブロガーがレポートする内容を即反映するというもので、コンテンツが常にリフレッシュされることにより、ユーザーを飽きさせない効果を狙っている。また、分散しているブロガーのクチコミ情報をバナーに集約することで、誘目性を高める事ができるとのことだ。 バナー広告という古典的な手法となりつつインターネットの世界では、今回の試みは大きな仕組みであり、ユーザの捉え方がこれまでの広告という位置づけ以上に、新しいメディアとして今後注目されそうだ。プロモーションサイトhttp://media.excite.co.jp/ism/volvo/エキサイト株式会社http://www.excite.co.jp/株式会社RSS広告社http://www.rssad.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.