企業向けセキュリティソリューション『BitDefender Client Security』『BitDefender Security for Mail Servers』2製品の販売を、9月1日に開始

 株式会社ソフトエイジェンシー(本社:栃木県小山市、代表取締役:立岡 佐到士、以下 ソフトエイジェンシー)は、2009年9月1日より、企業向けセキュリティソリューションとして『BitDefender Client Security』及び『BitDefender Security for Mail Servers』の2製品を、同時に販売開始すると発表。 『BitDefender Client Security』は、先進のプロアクティブプロテクションによって、ウィルス・スパイウェア・ルートキット・スパムメール・フィッシングなど各種マルウェアから、社内のリソースを守る商品というもの。各PCに『BitDefender Business Client』をインストールすることで、「BitDefender Management Server」で集中管理が可能となっている。 これにより、「各PCが適切にアップデートされているか」や、「不適切なアプリケーションがインストールされていないか」などを常時監視・管理でき、管理コストを大幅に削減することが可能となる。 『BitDefender Security for Mail Servers』は、メールサーバ用の製品だ。アンチウィルス、アンチスパム、アンチスパイウェア、アンチフィッシングなどの機能を一元的に提供するというもの。 これによって、企業にとって従業員と顧客とを結ぶ重要なコミュニケーション手段の一つである、メールの中核を成すメールサーバを安全に保つことができる。 ソフトウェアを最新の状態に保つというのは、社内を円滑に業務を進めることにもつながるが、日々の忙しさなどからそれが乱されることが通常だ。ウイルス対策などは最新のものを常に保つ必要があるが、これを怠ることにより個人情報の流出も問題となっている。今回発表したソフトウェアでは、そういった問題を解決すべく、ソフトウェアの一元管理が一人の管理者によってスマートに監視でき、これまで以上の安全な社内体制を築くことができそうだ。BitDefenderhttp://www.bitdefender.jp/http://www.softagency.co.jp/products/bitdefender/株式会社ソフトエイジェンシーhttp://www.softagency.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.