タカムラ産業、東急ハンズ新宿店にダンボールディスプレイ『ヒントDEダンボール』を展示

タカムラ産業、東急ハンズ新宿店にダンボールディスプレイ『ヒントDEダンボール』を展示

 強化ダンボール(トライウォール)を利用し、精度の高いオーダーメイドダンボール梱包材を製造・販売・設計を行っている、株式会社タカムラ産業(所在地:栃木県那須塩原市、代表取締役社長:高村 明彦、以下 タカムラ産業)は、工事現場をイメージしたダンボールディスプレイ『ヒントDEダンボール』を、9月4日~9月30日、東急ハンズ新宿店 2F イベントスペース「ヒント・スペース」にて展示すると発表した。 『ヒントDEダンボール』は、「ダンボールで想像できるもの」をテーマに、強化ダンボール(トライウォール)の梱包材製作・加工に実績のあるタカムラ産業が、企画からデザイン・設計・製作までのすべてを行い、東急ハンズ新宿店 2F イベントスペース「ヒント・スペース」にて、強化ダンボールで作られたオブジェ・家具・遊具を展示するというもの。 イベント会場全体を覆う大型ディスプレイは、幅4.3メートル、奥行き4.5メートル、高さ5.5メートルの巨大な強化ダンボールで作られているという。 ディスプレイ全体を2つの階層に分け、2階部分は工事現場をイメージ。強化段ボールで製作した巨大なクレーンを設置し、その周囲にもブロックや屋根材、配管など様々な大きさ・形をした作品を配置。工事現場の雰囲気と迫力を再現しているとのこと。このディスプレイは、2009年7月8日~10日に東京ビッグサイトにて開催された「販促エキスポ2009」に展示したもので、ダンボール関係の展示ブースとしては大きな反響を呼び、多くの来場者を集めたとのことだ。 また、ディスプレイの1階部分では、タカムラ産業自慢のダンボール製の実用的な家具、子供用のミニハウスなどの展示・販売を行うとしている。【イベント概要】イベント名:ダンボールディスプレイ『ヒントDEダンボール』開催日時 :2009年9月4日(金)~9月30日(水) 10:00~20:30開催場所 :東急ハンズ新宿店 2F イベントスペース「ヒント・スペース」<展示品一例>・イベントブースとしてのダンボールディスプレイ 1点・ダンボール家具(6角形BOX、ハチノスBOX、テーブルセット、アルファベット椅子)・遊具(紙馬、ジャンピングシーソー)・動物(ちょう、あり、恐竜、ペンギン、キャット)東急ハンズ新宿店http://shinjuku.tokyu-hands.co.jp/株式会社タカムラ産業http://www.e-takamura.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.