マジックソフトウェア・ジャパン、RIA開発機能をWindows Mobileに拡張した『Magic uniPaaS (R)』の新バージョンをリリース

 マジックソフトウェア・ジャパン株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐藤 敏雄、以下 マジックソフトウェア・ジャパン)は、ビジネスアプリケーション開発・実行フレームワークとして国内に2万5千社以上のインストールベースを誇る『Magic uniPaaS(マジック ユニパース)』の新バージョン、『Magic uniPaaS V1Plus(マジック ユニパース ブイワン プラス)』を本日12月18日より発売開始すると発表。 従来のRIA(Rich Internet Application)開発では、サーバとクライアントをそれぞれ別々に設計・開発・テスト・配布するために、開発プロセスは複雑なものとなるという。 2009年3月にリリースした「Magic uniPaaS V1」では、開発された単一のRIAプロジェクトを、自動的にクライアントとサーバにパーティショニング(分離)し自動配布・更新する機能を追加。これにより従来のRIA開発言語と比較して、開発プロセスを格段に簡素化することが可能になった。 今回の新バージョンでは、強力なRIA開発・実行・配布機能をWindows Mobileへも拡張し、最新バージョンのWindows Mobile 6.5にも対応。クライアントプラットフォームの違いをuniPaaSの実行エンジンが吸収するため、同一のRIAクライアントプログラムがWindowsとWindows Mobileの両方で動作する。 新バージョンにより、一般的なRIAのように、クライアント側プログラムとサーバ側プログラムを別々に設計・開発する必要がなくなった。また、PC(Windows) RIAプログラムとWindows MobileのRIAプログラムが、同じデータベースと業務ロジックを共有することが可能。これにより、画面サイズやデザインを変えるだけで、Windows RIAとMobile RIAを同時に開発することが可能だ。 すでに、国内のMagic uniPaaSによるRIA開発プロジェクトは100件を超え、ASP/SaaSでの利用も拡大しているという。今回のバージョンアップにより、Magic uniPaaS V1PlusはPCとモバイルが統合された、世界初のクラウドコンピューティング・プラットフォームに進化したとしている。マジックソフトウェア・ジャパン株式会社http://www.magicsoftware.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.