東北新社、『CMヒットメーカーランキング』制作会社部門で第1位

 CM総合研究所より発表された「BRAND OF THE YEAR 2009」でCM-Branding評価好感度上位1,000ブランドにランクインしたヒットCMに関して、制作会社部門、全139社の中から東北新社(本社:東京都港区、代表取締役社長:林田 洋)が圧倒的な好感度スコアを獲得して第1位にランクイン。上位1,000ブランドのうち、東北新社制作は148作品、獲得好感度は10,505ポイントとなった。 また、同社はベスト10以内に、プロデューサー部門で全479人中、4位に谷口宏幸、5位に浅野夕佳、8位に大橋浩明、撮影・カメラマン部門では全265人中、4位に町田博、6位に秋田浩司がランクインした。 CM-Branding評価は、同研究所が毎月一般消費者3,000人に行っているアンケートにおいて、CM好感度・CM商品好感度・Brand試用意向度・Brand愛用持続度の4つの指標を年間で累計したもので、今年度(2008年11月度~2009年10月度調査)の上位1,000ブランドは全9,211銘柄の中から選出。第2位にランクインされたKDDI/au(代表作:「朝のはじまり」編)は東北新社制作作品となっている。株式会社東北新社http://www.tfc.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.