マルチチャンネルオーディオ「PURE SPEED」シリーズが、第8回「千葉ものづくり認定製品」に決定

マルチチャンネルオーディオ「PURE SPEED」シリーズが、第8回「千葉ものづくり認定製品」に決定

 最高峰のスペックでピュアオーディオとAVを融合した新分野、「ピュア・マルチチャンネルオーディオ」の開拓を評価される株式会社サヤ(本社:千葉県船橋市、代表取締役:横田 昭寛)が、11月に発表した超低歪・超低雑音のマルチチャンネルオーディオ機器「PURE SPEED」シリーズが、さる12月16日に第8回「千葉ものづくり認定製品」に選定された。 今回で第8回を迎える千葉県の「千葉ものづくり認定」は、県内の中小企業が開発・製造する優れた製品や独創的な製品で、ものづくり産業の高い技術力を示す製品を「千葉ものづくり認定製品」として認定し、広く情報発信するとともに、製品の販路開拓を支援する制度。(1)独自の技術、ノウハウがある(2)高い新規性と信頼性を有する(3)千葉県の産業のイメージアップにつながる、など、これらの点を総合的に評価して決定される。 サヤは、これまでコンピュータ拡張ボード、計測制御機器、データ収集システムの開発で培ってきたノウハウを生かし、11月に超低歪・超低雑音の高級オーディオ「PURE SPEED」シリーズを発表したが、その技術力が評価され、今回「千葉ものづくり認定製品」に認定された。 12月16日には、同認定企業に対する認定証交付式が行われ、当日は、千葉県の石渡 哲彦副知事より認定企業4社の各代表者に認定証が手渡された。 今後は、県とも協力し千葉県内の企業の技術力、開発力を理解してもらう為に、県内に視聴ルームの開設やオーディオ販売会社との連携もとりながら、国内外への広報活動を実施していく予定としている。株式会社サヤhttp://saya-audio.com/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.