アエラホーム「マリオ・ベリーニ コレクション」販売開始

アエラホーム「マリオ・ベリーニ コレクション」販売開始

 「アエラホーム」ブランドで注文住宅を販売する株式会社ライク(本社:山梨県甲府市、代表取締役社長:中島 鷹秀、以下 ライク)は、建築界の巨匠マリオ・ベリーニ氏と共同開発した「AERAHOME Mario Bellini Collection (アエラホーム マリオ・ベリーニコレクション)」の販売を、2010年1月2日(土)からアエラホーム全店で開始すると発表。 ライクはこれまで、外張断熱工法を用いた高気密・高断熱・高遮熱住宅「Newクラージュプラス」という最先端の環境保全技術を持った住宅を、より多くのお客様に販売することで環境保全に貢献してきた。一方、住宅性能が高いほど住宅内部は快適ではあるものの、家の中で外部の自然環境を感じる機会は少なくなったという。 このためライクでは、環境保全に関する考え方を一歩進め、「四季を感じ、自然と一体となった高性能住宅」をお客に提供すべく、建築を通して物理的に環境に貢献するだけでなく、同時に人々に環境について考える機会を与えてきた世界的建築家マリオ・ベリーニ氏にデザイン・設計の協力を求めた。 そして両者が「環境に優しい家」をテーマに、真のエコロジー住宅を提供することを目的としてコラボレーションした結果、外張断熱工法を採用した高気密・高断熱・高遮熱住宅「Newクラージュプラス」の高い住宅性能と、世界的建築家による環境を意識した高いデザイン性を融合させた高性能住宅「AERAHOME Mario Bellini Collection」が誕生した。 「AERAHOME Mario Bellini Collection 」は、外張断熱工法を用いた高気密・高断熱住宅という最先端の環境保全技術を持った家で快適に過ごしながら、流れる雲や花々・木々の移ろいを五感で感じることのできる、真のエコロジー住宅という。あらゆる省エネルギーの可能性を心に留めながら、パティオやテラスといった屋外リビングスペースや、視界を広げるコーナー出窓、ロビーの天窓を設置することによって、季節や緑の木々、花々を楽しみ、自然光の恩恵を受けながら青空や雲を眺めることができ、住む人の心を豊かにするとのこと。 建物の形は、家らしさと機能性を求め、伝統的な勾配屋根を採用しながらも、より現代的で直線的なボリューム感を合致させている。建物内部は、メインエントランスから続く建物中央の2階屋根までの高さの吹き抜けが強い個性を与え、全ての部屋は直線的な廊下を中心に配置された。 「AERAHOME Mario Bellini Collection」は、進化する現代建築の直線的な空間に、時代を超えた日本文化の本質的な美を加えることによって、都会的であるにもかかわらず自然の豊かさを感じることができる情緒豊かな品格をもたらした、環境に優しい住宅としている。株式会社ライクhttp://www.aerahome.com/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.