Web上で音声入りのコンテンツを簡単作成&配信、画期的なASPサービス「Talkie」開始

 トーキーシステム有限責任事業組合(代表組合員:株式会社トータルデザインセンター、所在地:岡山県岡山市、代表取締役社長:岡 秀明、以下 トーキーシステム)は、eラーニング、デジタルサイネージ、オンラインプレゼンテーション用コンテンツの作成と配信が容易に実現出来るシステムを開発し、「Talkie(トーキー)」という名称でASPによるサービスの提供を12月より開始したと発表。 Talkieは、Web上で簡単に音声入りのコンテンツが作れるASPサービスだ。液晶タブレットを用いた手書き入力も可能で、「インターネット上のホワイトボード」という感覚でコンテンツを作ることが出来るというもの。既に実績のある「eラーニング」用途のほか、「デジタルサイネージ」や、「オンラインプレゼンテーション」用の作成ツールとしても活用できるとしている。 「Talkie」の作成と閲覧には、特別なソフトウエアは必要なく(インターネットブラウザとFLASHプレーヤーを利用)、インターネットに繋がるパソコンがあればすぐに利用することができ、対応機種であれば携帯電話、スマートフォン、ゲーム機からの閲覧も可能となっている。 また、作成されたコンテンツのデータ容量は、一般的なFLASHの数分の一程度と小さいので、ストレージ容量・データ転送量が少なくて済み、運用コストを抑えることが可能。さらに、Microsoft社のPowerPointで作成されたアニメーション付きのプレゼンテーションに、手書きや音声を加えたコンテンツを作成することも可能。 トーキーシステムでは、これらの「Talkie」の特徴により、ユーザー層の裾野をさらに押し広げることが出来ると期待しているとしている。株式会社トータルデザインセンターhttp://talkie.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.