twitterによる、発言の影響力を解析するWebサイト「twimpact.jp」(ベータ版)を開設

 株式会社ミツエーリンクス(本社:東京都新宿区、代表取締役:高橋 仁、以下 ミツエーリンクス)は、twimpact社(ドイツ ベルリン)と技術提携を行なうことに合意したと発表。 ミツエーリンクスはtwimpact社と提携し、全世界で展開している同社サービスの日本版を「twimpact.jp」(ベータ版)として提供を開始。twimpactは、twitterにおける引用機能Retweetに焦点をあて、データ解析を行なうもの。 twimpact社は、ソーシャルネットワーク解析、トレンド予測、インパクト評価に対する専門技術ならびにソリューションを提供している企業だ。公共および、twitterやFacebookなど民間のコミュニケーション・チャネルから得られたデータを活用し、顧客と関連性のあるオンライン上のファシリテーターについて、情報の収集と分析に関する技術をハイテク企業向け広告、PR業界へ提供している。 twimpact社はベルリン工科大学のスピンオフカンパニで、twimpact社の共同創設者であるDr. Klaus-Robert Muller教授が率いるインテリジェントデータ解析グループと強い結びつきをもっている。この関係性によってtwimpact社はソーシャルネットワークに関するデータ解析研究の最新結果を顧客に提供している。 twimpact.jpの特長は、twitter における引用機能Retweetに焦点をあてた、データ解析を行うことや、リーダー/フォロワー数のような単純な方法に頼らず、引用(twitterのRetweet)など、実際のコミュニケーションパターンを解析するといった特徴を持っている。 これは、マシンラーニング/インテリジェントデータ解析方法によるコンテンツ解析、およびtwimpactのプログラミングは、ベルリン工科大学工学部情報工学科マシンラーニング/インテリジェントデータ解析研究室のメンバーによるスピンオフカンパニー、「Twimpact UG (haftungsbeschrnkt) i.G.」が開発されたものとなっている。 twimpactは、最新のマシンラーニングをベースとする技術を使いユーザーランキングを行なわれることで、本当の意味で意義のある”つぶやき”をキャッチすることができそうだ。twimpact.jphttp://twimpact.jp/株式会社ミツエーリンクスhttp://www.mitsue.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.