ファンサイトのマーケティング専門企業「アクセルエンターメディア」を設立

ファンサイトのマーケティング専門企業「アクセルエンターメディア」を設立

 コンテンツ事業・ソリューション事業を手掛けるアクセルマーク株式会社において事業部を管掌していた常務取締役 田島 満と、管理部門を統括していた取締役 峯岸 幸久は、今回、アクセルマークよりファンサイトマーケティング ※1に関わる一部の事業を譲り受け、スピンアウトという形で株式会社アクセルエンターメディア(所在地:東京都渋谷区、代表取締役社長:田島 満)を設立したと発表。 日本国内において、一人一台体制まで普及し、生活必需品として浸透したケータイ。アクセルマークでは、このケータイにおけるコンテンツ事業を主力事業とし、ライツホルダーであるアーティスト所属事務所各社の許諾のもと、多くの「ファンサイト」を運営してきたという。 この「ファンサイト」運営においては、携帯電話の機能の進化、サービスの多様化、ライツホルダーである所属事務所からの需要の高まりにより、従来よりもさらに迅速できめ細やかな対応が必要とされているとのこと。 また、「ファンサイト」運営のノウハウを活用して提供してきたハイブランド向けモバイルブランディングソリューションのニーズも確実に高まっており、ノウハウの専門化がさらに求められている。 そのため、アクセルマークの「ファンサイト」運営に関連する一部の事業を譲り受け、ライツホルダーへの迅速な対応を可能にすべく専門スタッフによる人員体制を構築し、今後の事業展開のスピードアップを図ることが最適と考え今回の同社設立に至ったとしている。 なお、アクセルエンターメディアにおいては、田島が代表取締役社長を、峯岸が専務取締役の席につき、運営を行っていくとしている。※1 ファンサイトマーケティングについてファンサイトを活用し、アーティスト所属事務所などのライツホルダーが抱えるアーティスト、ブランドの価値を最大化すること株式会社アクセルエンターメディアhttp://www.axelentermedia.co.jp/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.