情報品質管理ソフトウェア開発のacrolinx GmbHが日本法人を設立

 情報品質管理ソフトウェアのパイオニアacrolinx GmbH(ドイツ ベルリン、CEO:Dr. Andrew Bredenkamp)は、情報品質の評価・管理を企業レベルで実現する「acrolinx IQ(TM)」の開発・販売を目的として、日本法人であるアクロリンクス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:柳 英夫、以下 アクロリンクス)を設立すると発表した。 acrolinx GmbHは、エンタープライズソフトウェア「acrolinx IQ(TM)」の開発、販売を主たる事業とし、さまざまな企業の「企業イメージ」「ブランディングの維持」「コンプライアンスへの対応」「ドキュメントの制作と翻訳/ローカリゼーションのコスト削減」を提案している企業だ。 今回、アジア太平洋地域での拡大戦略の一環として日本法人を設立。欧米では関心の高い、「ドキュメント制作の上流工程からの品質管理」のコンセプトを、日本を初めとするアジア太平洋地域でも展開していくとのこと。 今回設立する日本法人では、主力製品である「acrolinx IQ(TM)」の開発、販売事業を中心とし、テクニカルコミュニケーション、翻訳、各種支援ツールのコンサルティング事業を展開する。営業、顧客サポート等を一層強化するとともに、「企業が外に向かって発信する『情報』の品質を管理するしくみ」という視点から、新たな市場やパートナーシップの開拓を積極的に行っていくとした。acrolinx IQ(TM)http://www.acrolinx.de/acrolinx_IQ_jp.htmlアクロリンクス株式会社http://www.acrolinx.de/

Comments are closed, but trackbacks and pingbacks are open.